第6回「自然流ランニング大学」報告(その1)

9月4日、ランニング大学例会が越中島東京海洋大学で開催されました。8月は妙高高原合宿でしたので約2カ月ぶりのキャンパスです。新人3名、お子様2名を含んで今回は30名を超える大盛況、走友が走友を呼び仲間の輪が広がっていくのはうれしいものです。
 山西哲郎師のオープニングメッセージは市民ランナーの先輩新栄敬子さんとのエピソード。人と人との縁について感慨もあらたに山西ワールドの扉が開かれました。
 座学のテーマは前回に続き「ランニングは感性と科学の融合である」科学的裏付けをとって感性(感覚)を磨くことが基本であることを学びました。苦しい、ゆとりがあるなどの感覚と脈拍数を測定して評価することも典型的な例ですね。スピード、距離などの負荷が身体にどのような影響を与えているか数値で裏付けることで正しい走り方をしているかを探ることができるようになります。
 走るための3つの要件は<時間><空間><仲間>、これを三間といいます。特に仲間、ランニングは基本的に個人競技ですが仲間を通して世界は大きく広がっていき、孤独でモノクロームの日々に彩りをもたらします。競いあうことで力を昇華させるだけでなく憧れや愛しさの感情は前に向かって生きていく大きな力になるはずです。
 曇り空が快晴に変わった午後からは初秋の強い陽射しの中での科学的トレーニング。裸足でのウォーミングアップに続いては本日のメインイベント、インターバルトレーニング。チェコスロバキアの伝説のランナー、エミール・ザトペックの練習法です。100メートルのコースをハイペースで走りジョグでスタート位置に戻る。これを20本。5本ごとに脈拍数をチェックしていきます。走力レベルで設定タイムを24秒から35秒の4グループに分けてスタートです。本数を重ねるごとに心拍数が上がってきます。前回学んだ心拍性作業閾値(HRT)とターゲットゾーンを意識したトレーニングです。山西師いわく「後半は素晴らしい走りになっていた」そうです。繰り返すことで身体が慣れてきたのだろうと思います。負荷の重い練習は1人ではなかなかできません。仲間がいればこそ頑張れるものだなと思いました。
 今日もおにぎり、旬のフルーツを持って西村かおる理事長が来校されました。いつもながらのココロがこもった差入れは当たり前のことではなくて本当にうれしいものです。暖かくてステキな気配りにブラボーです。
 季節は秋へ、ランニングの季節がやってきます。10月の本格的な走り込みに向けてセルフチェックしながら自分スタイルのランニングプランを組み立てていきましょう(Y)

 

熱心な受講生

講義風景

 

最強の2人

 

新人の3名    少し緊張してます


<お知らせ>
・タートル国際マラソン
        10月16日(日)
山西師は実行委員長、ランニング大学学生も選手で走ったりボランティアで参加したりしています。よろしかったら応援に来て下さいね。

・お江戸ぶらりマラニック
        11月23日(水・祝)
フォトロゲイニングの大会です。詳細は10月例会で。お誘いあわせの上ご参加下さい。
・孫基禎記念マラソン
    11月18日(金)?21日(月)
韓国ソウルでの大会参加者募集中です。
・単行本原稿募集
 スローランニングの勧め
 あなたのスローランニングについて語って下さい。1000字位。投稿は自由です。

 


スポンサーサイト

  • 2017.04.17 Monday
  • -
  • 07:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


●このサイトの検索

◆ランニングの世界◆

「ランニングの世界」は元ランニング学会会長の山西哲郎が編集主幹をつとめ、ランニング学会の有志が編集委員となって発刊したもので、ランニングを歴史、文化、科学等色々な切り口で掘り下げています。ランニング学会の設立趣旨を思い出させるような“知的・感性的ランナー”のための本です。 大会情報やトレーニング方法中心のランニング情報誌とはひと味違って、「人はなぜ走るのか、人は何を求めて走るのか。」という原点に立ち返って、より広くより深く「ランニングの世界」を見つめ直してみようという趣旨の元に創刊されました。

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●記事一覧

●記事分類

●月別記事

●リンク

●記事作者一覧

●その他

●モバイル

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM