プロフィール
かおる
西村かおる日本コンチネンス協会会長
排泄専門の看護師
高知県出身。「ランニングの世界」編集委員
自らも走り、泳ぎ、自然を体いっぱい感じることが大好き!!
北海道仁木町銀山マラニックを開催。
82年東京都公衆衛生看護専門学校保健学科卒業後、
東京衛生病院に訪問学科として勤務. 86年英国サセックス州
ブライトン・ポリテックにて地域看護を、翌年コンチネンス
アドバイザーについて失禁看護を学ぶ。帰国後、90年
杉並区にコンチネンスセンター(排泄ケア情報センター)開設。
北里大学病院(泌尿器科)、東京都リハビリテーション病院
(泌尿器科)
沖縄アドベンチストメディカルセンター(産婦人科)、
北里研究所病院(コンチネンスクリニック)
いずれも非常勤勤務。
世界的にも立ち遅れている排泄ケアの分野で日本初の
アドバイザーとして、患者の精神的支援、
治療のアドバイスなどを行い、また講演会や執筆活動を通じて、
人間の尊厳を守る活動などが認められ、2006年
その年顕著な活躍をした女性に贈られる
エイボン女性功績賞を受賞。
日本老年泌尿器科学会副理事。老年健康財団理事。
認知症ケア学会評議員。
著書も「患者と介護家族のためのここち良い排泄ケア」
(岩波書店)、「ステップアップのための排泄ケア」
(中央法規出版)、「パンツは一生のともだち」(現代書館)
など多数。

●このサイトの検索

◆ランニングの世界◆

「ランニングの世界」は元ランニング学会会長の山西哲郎が編集主幹をつとめ、ランニング学会の有志が編集委員となって発刊したもので、ランニングを歴史、文化、科学等色々な切り口で掘り下げています。ランニング学会の設立趣旨を思い出させるような“知的・感性的ランナー”のための本です。 大会情報やトレーニング方法中心のランニング情報誌とはひと味違って、「人はなぜ走るのか、人は何を求めて走るのか。」という原点に立ち返って、より広くより深く「ランニングの世界」を見つめ直してみようという趣旨の元に創刊されました。

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●書籍紹介

●記事分類

●月別記事

●リンク

●記事作者一覧

●その他

●モバイル

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM